FX ファンダメンタル分析

デイトレードは主婦向けの投資方法

FX取引でのデイトレード(デイトレ)は自分のルールを守って実行すると非常に儲かります。デイトレードとは最短で数秒、長くて一日単位で売買する取引方法です。

 

主婦の方は家事や子育てで隙間時間でFX取引をすると思いますが、長くポジションを持つことで損失を大きくする可能性もあります。

 

ある程度の損失が出たらすぐに損切り決裁、利益がでたら10%、20%の利益で利益確定をする。素早いトレードを一日に数回繰り返すことで一日トータルの利益を確保することができます。

 

レバレッジを活用すれば入金額を担保により大きい額(2倍〜)の外貨を購入できます。このレバレッジ効果でわずかな為替変動でも大きな差益が獲得可能です。また、FXは一回の取引手数料がかなり安いのでデイトレード、頻繁なトレード向きです。

 

外国為替相場は毎日変動しています。大きく変動する日もあれば、ほとんど変動しない日もあります。景気の動向、地政学リスクなどによって大きく変動する場合は円高トレンド、円安トレンドになるのか・・・。しっかりリスク管理をしておきましょう!

 

そのためにもまずは、しっかりテクニカル分析、ファンダメンタル分析を学び、デモトレードを繰り返しながら「レバレッジを掛けたFXのショートトレード」を学びましょう!

 

すぐに決済するデイトレであれば、忙しい主婦の方、家事や子育てなどで細切れの時間しかない方もスマホ等で早めに決済できますので、オススメです。

外貨預金より利率のよいFXのスワップポイント

外貨預金よりも売買手数料の面で有利なのがFXを利用したスワップポイント狙いの長期投資です。

 

スワップポイントとは、金利が異なる2種類の通貨の売買によって発生する、2通貨間の金利差調整分です。スワップポイントは毎日受け取る場合と毎日支払う場合があります。ここが注意点です。

 

金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合には、その金利差額分のスワップポイントを受け取ることができます。反対に金利の高い通貨を売って金利の低い通貨を買う場合には、その金利差額分のスワップポイントを支払うことになります。 今の日本は世界でも珍しい低金利政策ですので、例えば日本円を売って、政策金利の高い通貨を買えばスワップポイントがもらえます。

 

【毎日:受け取り=利益】高金利通貨の買い/低金利通貨の売り→スワップポイント
【毎日:支払い=損失】高金利通貨の売り/低金利通貨の買い→スワップポイント

 

 

両通貨の金利に変更があれば、スワップポイントも変わります。金利格差が縮まればスワップポイントも小さくなりますので、投資対象国の政策金利には要注意ですね!ただ今の日本は明らかに低金利ですのでFXトレードに慣れたら、日々利益が上がるスワップポイントも利用していきたいところです。